【2018開催レポ】56. 大地の色を粧う~クレイファンデーションワークショップ

開催日:2018年11月7日(水) 10:30~12:00

場所:北部福祉会館 食事室

案内人:津田あさ子: 自然派子育てサークル「とこてく」 ※ 今回は取材も担当しました。

小池桃統子(もとこ): おうちサロン「自然とつながるくらし〜森の栖」

 

クレイとは「泥」のこと。

大地からいただくその恵みには、たくさんの体にうれしい癒しの力があるのです。

そのクレイで、お肌に優しく美しく粧うことができるのが、クレイファンデーションです。

 

講師は、しーたさんこと小池もとこさん。

ご自宅にてアロマやクレイなどのサロンをされている他、

「自然とつながる暮らし」をモットーに、森や自然の中でのワークショップや

カフェでのイメージングアートの作品展示など、幅広く活動されていらっしゃいます。

 

テーブルの上には、色とりどりのクレイが!

クレイ=泥=茶色なイメージでしたが、こんなに美しい色合いのものもあるとは!

 

クレイ自体には、

老廃物を吸着したり、炎症を抑える他、殺菌作、鎮痛作用、免疫促進などさまざまな作用があります。

すごい!

また、それぞれの色で、作用の特徴や肌への影響の強さが異なるので、

そのことについても、小池さんが詳しく説明して下さいました。

知れば知るほど、クレイの素晴らしさに、参加者の皆さん、感嘆されていらっしゃいました。

 

一通りの説明が終わったら、いよいよ、クレイファンデーションを作ります。

先ほど聞いた作用と自分の肌質や色味を考えながら、

完全にオリジナルのファンデーションを手作りできるなんて!

とっても素敵で贅沢なことだと思いませんか???

 

完成したファンデーションを、早速お肌に乗せてみると、

いい感じ~(^^)

皆さん、自分だけのファンデーションができました。

今回いらして下さった方々のご参加の動機をうかがってみると、

「肌が弱いので、化粧品選びに悩んでいた」

「以前は美容液などいろいろ使っていたが、数年前から肌断食をして、普段は何もつけずに過ごしている。でも、最近日焼けなど気になるし、出かける時に安心してつけられる物が欲しかった」

「アロマを勉強しており、化粧水など手作りしているが、ファンデーションまで手作りできるとは」

「化粧品の香料が苦手で、自分で作れるのが良いと思った」

などなど、そんなこだわりを持つ皆さん、ご満足いただけた様子でした。

 

お次は、クレイでハンドバス(手浴)体験。

フットバス(足湯)は聞いたことやったことあっても、ハンドバスは初体験、という方が多かったです。

気持ちいい~♪

早速、血行が良くなって、手がこんなに赤くなりました!

クレイの作用のすごさを実感されましたね。

 

参加者の皆さんに、ワークショップのご感想をうかがいました。

「思った以上に良かった!ハンドバスで手がしっとりしました」

「自然の素材でうれしい。手浴で自然に帰った気がした。ぽかぽかと自然のエネルギーを感じた」

「手浴でお肌がしっとり。お風呂でもやっていたい」

「きれいな色にそれぞれの効能があり、不思議だった。ひとつひとつ丁寧に説明してもらえて、これから使うのが楽しみです」

皆さん、とっても気に入っていただけた様子でした(^^)

 

実は、この日は、ケーブルテレビの取材が入りました。

どんな様子だったか気になる!という方は、是非ご覧くださいね~。

 

 

 

この記事を書いた人

asako
asako
まちミル博覧会 取材ボランティアスタッフ です。
私自身も、まちミル博覧会のパートナーで、以下のプログラムを開催します。
#32 大地の色で染める~べんがら染めワークショップ
#56 大地の色を粧う~クレイファンデーションワークショップ
#71 親子で楽しむ♪1日だけの森のようちえん・森のがっこう
#73 英語入門一歩手前!日本語と英語の紙芝居