【2019開催】No.27 本格スタジオでドラムを叩こう♪

日時:2019年10月18日(金)

場所:J’z studio

案内人:外山明彦さん

 

 

ドラムを叩いたことありますか?叩きたいと思ったことはありますか?そして、日進市に本格的なレコーディングスタジオがあるのを知っていますか?

 

「ドラムは敷居が高いと思っている人が多いと思いますが、意外と簡単に演奏できます」と話すドラム講師の外山さん。

「日進に住む人の音楽への意識が高くなって欲しい」という想いから、マチみるに参加するのは今回で3回目。

日進市役所から東へ少し行ったところにある『J’z studio』の赤の看板が目立つスタジオで行われたドラム教室におじゃましました。

 

「前々からドラムに漠然とした憧れを抱いていました」と話してくれた女性2人組は、本日ドラム初体験!

お友達同士で、最近お互いにドラムに対しての憧れを確認し合っていたところにまちミルの案内を発見したのだとか。

 

 

ドラムの名前、スティックの持ち方の説明から始まって、いよいよドラムの前に座ります。

少しずつ形の違うドラムの音に驚いたり、ペダルの感触を楽しんだり、興味津々。

初めての感動をお友達と楽しくシェアしながらレッスンは進んで行きました。

 

 

先生のリズムに合わせてドラムを叩き、少しずつ叩くドラムの数が増えていきます。

頭では理解しても両足と両手をそれぞれ動かすのは難しいもの。

ただ、練習を続けていくとだんだんぎこちなさもとれ、20分もすると軽快なドラムの音が聞こえていました。

 

 

そこですかさず「音楽に合わせてみましょう」と先生。

よく耳にするあの曲が流れてくると、それに合わせて自然に体も動き、楽しそうにドラムを叩くその様子は数十分前に初めてドラムの前に座った人とはとても思えない演奏でした。

 

あっという間に一曲叩いてしまった2人に先生も「すごいです」との言葉。

 

少し譜面の読み方を学び、少しレベルアップしたバージョンでの練習開始。

そしてまた曲に合わせて演奏。

 

防音が完備された室内での演奏はとても迫力があり、聞いている側もつい引き込まれてしまいます。気づくとあっという間に終了時間。

 

終わると開口一番「あー楽しかった♪」と笑顔。

お友達も「すごく楽しかった♪」と笑顔。

今日使ったスティックをお土産にもらって大満足のレッスンでした。

 

 

このまま終わらせたくないという人は、このジェイズ音楽教室でレッスンを開始することも可能です。

貸しスタジオではギター・ドラムが自由に弾け、マイクの貸出もあるので、お友達との練習もできます。

また別棟には有名なグループもレコーディングのために来る本格的なレコーディングスタジオもあります。

 

今日は私も知っているあの曲でしたが、曲には他にも候補かあり、その生徒さんに合わせて選んでくのだとか。

誰もが知るアノ曲もあり、またの機会に私もドラムを演奏してみたくなりました。

心の中にある音楽への情熱を掘り起こしてみませんか?

 

この記事を書いた人

ooka
日進市に住んで、気づけば10年。1男1女の母です。
最近少し余裕が出てきたので、ここ日進のこと知りたくなりました。
いろんなところにお邪魔します。
広島焼きお好み焼きだけは譲れません。